読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waffle

推しを褒めまくるだけのメモです

ヲタク女子がホストを初体験した話②

 

rk-svgvm.hatenablog.com

 早速続きを。

Mくんに見送られながら次の店にTさんと向かいました。歩いて2分ぐらいの一店舗目の本店が本日最後のお店です。入り口で写真を撮りまくる我。今度はビルの地下にあるお店ですが、入り口から大きい宣材写真がずらり。下って行くうちにトップに近づき、お店の入り口横にはナンバーワンの写真が。ナンバーがついてる男の子たちはみんな見目麗しいのですが、比較的「かっこいい」方ばかりで「美人」「可愛い」が好きな私はグッときませんでした。

席に通されてすぐにTさんは退席。一件目行ってるので慣れた。飲み物頼んで「可愛い子が良いです」とお兄さんに注文。まずは金髪の雰囲気の落ち着いた関西弁の男の子が一人付いてくれました。一件目は二人付いたんだけどここはずっと一人。でも一人とゆっくり話せるから別に悪くはないかな。彼はお昼のお仕事をしてるようで「何してるのか聞いていい?」というと「音楽系の仕事」ということ。どんな仕事かは深く聞かなかったけどどおりですごく普通な雰囲気のある優しい子でした。ホストの遊び方とかについてここでも親切に教えてくれた。ホストって雰囲気は薄かったけどいい人でした。①からここまで読んでくれた方はなんとなく察すると思うけど、ここの二店舗、地方出身が多い。一店舗目は30名ぐらい男の子がいて東京出身は片手ぐらいしかいないらしい。二店舗目はめちゃくゃ人数が多いけど多くはないって。みんな夢を見て地方から殴り込みに来てるのかと思うと愛しく、応援したくなっちゃう。

次はなんか強そうなお兄ちゃん。ハンサムだけどタイプじゃない。「タイプは?」って聞かれたから「可愛い子が好き。」って言ったら「俺心可愛いから」とな。そうですかそうですか。「え、何歳?」「俺?31」「嘘だ、もっとお兄さんに見えたわ」「いくつだと思った?」「36ぐらい」「がははははそんないってないよ!」マジで貫録ありますよ兄さん。私、タイプの子には嫌われたくないのでしおらしくしちゃうけど、別にタイプじゃない子には結構ズバッと言ってしまうのよね。でも男本の写真はイケメンでした。「これと違くない?」「これ三年ぐらい前のだからね」「え、変えなよ」ってマジレスしてしまった。でもなんだかんだ悪い人じゃなかった。古谷健志とか長瀬くんみたいな心はずっと少年みたいな男になりたいんだって。「うん、その雰囲気はあるよね。感じる感じる」と比較的適当な返しにも関わらず最後まで話をしてくれました。でも私最初に可愛い子が良いって言ったはずなんですが(笑)

その次に来たHくん。比較的美人さんでした。二店舗目だと顔は一番好き。小顔で色白で品がある顔立ち。かっこいいかわいいというよりも美人。なんか神経質な雰囲気あるけど顔は綺麗。男本で見るより実物の方が良かった。あとLINEの写真より実物の方が良い。狙ってるのか…詰めが甘いのか…。席に座った瞬間に「美人ですね!」「え、俺男だよ?」「男でも美人は美人でしょ。綺麗なお兄さん来たなってすぐ思いました」と。決めてる時よりちょっと表情が崩れたときが可愛かったです。話した内容はあまり覚えてない。最後に来たのがナンバーついてる子だったけど勢いが良くて顔も好きなタイプじゃなかったしあまり記憶がありません。私めっちゃ極端だな。

 ここでは4人の男の子に会えました。一店舗目よりもやはり本店ということで賑わってた。最後の送り指名は美人なHくんにしました。「えーありがとう!」「いえいえこちらこそ、美人だから」「俺この仕事しててそのワード初めて言われたから嬉しいわ」「いやいや!ほんと美人さん。」という会話をして出口まで見送ってもらいました。TさんともTOHO前でお別れ。夢から醒めた感じ…?別に夢とは思ってなかったけど、やっぱりちょっと非現実っぽいところから現実に戻ってきた感はありました。2時間半の感想をまとめるとめっちゃ楽しかったし行って良かった。

次からはなかなか可愛くない金額がかかるので気軽には行けなさそうだけど、今回の体験は本当におすすめしたいなと思いました。ちょっと新しい遊びしてみたいな~とか男の子が好き~人見知りしない~って人で20歳以上の女性は試してみて良いと思う。あ、今も現にめっちゃLINEが来てます。マメだなあ…。一件目のオキニちゃんだけ少し続けてみようと思います。

続きは後述しますといったことについて。自分の服装とか。用語とか。

  •  事前準備編

私は事前準備として一番悩んだことは「服装」です。昔卒業パーティで着たドレスを引っ張り出してきたり、新しく買おうか悩んだりしましたが、正直ラフな格好で大丈夫。今のホストはほとんどスーツを着ておりません。みんなに「結構ラフなんだね」って聞くと「今どきはみんなこんな感じだよ。」って答えが。男の子はスーツの子もいるけれどお客さんは全然ラフな格好で大丈夫。ちなみに私は白パンツ(ユニクロ)に黒のブラウス(ちょいとお高め)黒のロングカーディガン(ユニクロ)黒のパンプス(ちょいとお高め)ショルダーバッグ(母のお下がり)ダイヤのネックレス(母の)といった感じ。周りの女性たちを見ても比較的ちゃんとした服装だなという印象はあるものの、着飾ってる雰囲気はないので皆さんもあまり悩まず。

あとはLINE。もし本名やHNなどにしている人は今晩使う「名前」*1にしておくのが良いかも。普通に使ってるものだろうしあまり突拍子もない名前にもできないだろうから本名の下の名前がベストかなと思いました。ちなみに私はひらがなで本名フルネームのまま教えましたけど、別に問題は無し。でもネットに生きるヲタク女子たちはあまり素性を明かしたくないという性質を持っている気がしたのでここに書いておきます。

  • キャッチ編(Tさんに聞きました)

TOHOの裏に行くとすぐにホストのキャッチだらけになります。居酒屋のキャッチは一人で歩いてれば声かけられないけど、ホストは一人の女性でも全然声をかけてきます。でもしつこさは新宿の居酒屋のキャッチと同じくらい。「決まってますー」「大丈夫ですー」って言えば何の問題もなし。行きたいお店の場所が分からなかったりしたら聞いてもいいだろうし、「〇〇に行きたいんだけどなんかいいのある?」って聞けばもしかししたら安くなったりするかもだから少し慣れてきたらキャッチを使ってもいいかも。キャッチに「初回*21000円だよ」とか「初回無料だよ」とか言われることもあるみたいだけど基本的そーゆー所は楽しめないらしいからやめた方が良いとのこと。初回料金は最低でも3000円~ぐらいで見た方が良い。

  • 入店編

今回は体験ということでTさんが案内、ホストの楽しみ方を教えてくれましたが通常の場合は受付(?)みたいなところで「初めてなんですけど」とか言えば通してもらえるらしいです。私はもし今回行ったお店にもう一回行くんだったら担当の子(送り指名した子や連絡先交換した子)に連絡すればなんか手配しててくれるみたいだよ。初回は15分で男の子が入れ替わり立ち代わりあいさつしに来てお話してくれます。自分は座ってるだけでOK。みんな意外にしっかりしていてかなりお話しやすいですが人見知りの子はきついかもしれません。男の子たちも「人見知りの子とかはめっちゃ大変、どうやって話させようかめっちゃ頑張る」と言っていたので男の子は頑張ってくれますが自分がしんどいかも。そしてなんとなく知ってたけど驚いたのはホストは指名制だからそのお店で一人男の子を選ばなきゃいけなんだって。それも永久指名制だからお店で一人決めたらその子が辞めるまで担当は変えることはできないんですって。(永久指名じゃないところもあるみたいだけどほぼ永久指名)男を見る目があるのかないのか分からない私はこの制度に衝撃を受けました…悩むよね…。初回だから指名はしなかったけど、送り指名はしました。送り指名とは出入り口まで見送ってくれたり、タクシーを呼んだりしてくれる子を一人決めること。ここで指名した子がほぼほぼ担当になるだろうとのこと。一人のお姉さんはおんぶされながらお店を後にしてましたよ…わーおTVで見たやつだって思った。基本的に男の子たちはこちらの素性を聞いてきません。「いくつ?」とか「どこに住んでるの?」とかは俺たちから聞かないよって言ってました。でも私はすごく話しやすい雰囲気だったし、なによりも「期待させちゃだめだ」と思ったので年齢と仕事(昼の仕事してるってぐらいだけど)はちゃんと伝えました。「期待させちゃだめだ」とは、女の素性が分からないから「こいつは金を使う女か否か」ということを男の子たちは見極める必要があるんだろうけど私が「金持ってる」と勘違いされてしまうといけないなと思ったのです。まあ見た目から金にならん女だってわかるだろうけどね。念には念をですよ。聞けばほぼほぼなんでも答えてくれます。「なんでホストしてるの?」とか、地方の子には「なんで歌舞伎町に来たの?」とか聞くと興味深い話聞けた。あと年齢は20代中ばぐらいが一番多い。私が行ったお店では最年長で37歳、最年少で19歳だって。私についてくれた子たちは20代中~29歳ぐらいが多い印象。もっと若いかと思ってたけどみんなそこそこな年齢。だからか意外にしっかりしてるよ。

  •  退店後編

連絡先を交換した子たちからLINEが来ます。みんなマメに「今日はありがとう!」とか送ってくれるし、送り指名した子は特にマメに連絡をくれます。めんどいなあと思ったらブロックしても良いとのこと。返事を返さなくてもよいと思います。私は一件目の送り指名したMくんだけお返事を返しています。電話番号とか聞けれた場合は多分電話で営業されるんだろうなと。私も聞かれましたが「電話全然出れないし、留守電設定もしてないから」というと「じゃあLINEで連絡するね」と言ってくれました。嫌だったり不安なら教えなくて良いですよ。

私はノリが軽いちゃらっとした男はタイプではないんだけど、意外にみんな落ち着いていて*3悪くないなと思いました。私は基本、顔がタイプな男でないと中身を知ろうとしない癖があるんだけど、別に顔がタイプじゃなくても興味を持てる子はおりました。私が今後ホストへ行くことがあるとしたらその理由は「彼を応援したい」という気持ちがあるからだと思いました。甘えたいとかちやほやされたいという感情ではなく、彼を応援して少しでも目指す場所へ到達してほしいという母性本能の爆発の衝撃で動く感じ。結論「役者やアイドルを応援する気持ちとホストへの気持ちはほぼ同じ」ってこと。あくまでも私は、ですのでご承知おきを。さて次はどこのお店に行こうかな…。

 

*1:私だったら礼子

*2:ホストには初回料金というものがあり、お店によって値段は違いますが3000円~5000円で楽しめる。一度そのお店で初回をしてしまうと次回からは通常料金になるので注意。最初は数件初回で回ってみても楽しいだろうなあと思った。

*3:中にはもちろん活きのいい子もいますが