読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waffle

推しを褒めまくるだけのメモです

白昼夢

パーソナルスペースの欠如。

くそ多忙な10月に終わりが見えてきて、休日が取れるようになったのでお友達と一緒に土曜日はB2takesのリリイベ、日曜日は舞台挨拶からの日テレハロウィンライヴに行ってきました。リリイベとハロウィンライブはお友達の優しさでご一緒させていただきましたが、ほんとヲタク活動をするにあたりご友人に恵まれているなあとしみじみ。そして大河さんファンみなさんの幅の広さのおかげでいろんなところに連れて行ってもらってる気がすると再確認。*1まずはリリイベのお話から。ボイメン以外のリリイベはこの界隈に生きるものとしていろいろ見ておきたかったのでありがたい機会でした。

B2takesは男性地下アイドルグループとして活動している8人組。お名前は以前から知ってたし、メンバーの小澤廉くんと飯山裕太くんは舞台界隈でも活躍めざましいので比較的存じ上げてた。別に好みの子がいるわけじゃなかったけど「会いに行けるイケメン」と聞いては会いにいかざる得ないと思いつつ早数年、やっと拝見しました。リリイベの感想は「まだまだだな」って感じ。*2一人一人の個性が薄め。ビジュアルはいろいろなタイプに分けられるし色分けされているのでなんかすごく個性的に見えるけど役回りが中途半端。もう少し自分のキャラ、立ち位置を確認するべし。あとは何をするにもゆるすぎる。運営の問題もあるだろうけどリリイベ開始時間になっても始まらない、ミニライヴ後の特典会までに時間がかかる、特典会が自由すぎて時間がかかるってな感じでメリハリが無いってな感じ。パフォーマンスも歌も上手いわけではないけど、それは成長段階の男の子たちとして当たり前だし、このグループにそれは求めちゃいけないのかもしれない。けどもっと頑張れるはず!そしてこのグループは特典会がすごいです。パーソナルスペースが無い、はがしが無い、NG的なものが見当たらない。*3CD(1000円)を購入ごとに一枚のチェキ券がついて来て好きなメンバーとチェキが撮れます。コスパよろし。ポーズも自由なのでちゅーしちゃう距離で顔面突き合せられるし、バックハグもしてもらえるし、お膝の上にゴロンも出来ちゃうしって感じ。正直この文化で彼らの人気が保たれてるんだろうなと思いました。もう衝撃過ぎて上手く言葉にできない(笑)それにしてもあの小澤廉飯山裕太とあの接触ができるのはやばくないか…。

B2のファンはきっと過激なんだろうなあと思っていましたが、お行儀が良いことにびっくり。これが一番の衝撃かもしれない。CD購入の時の列も乱れず、待ってる間も大人しく、会場の都合でコール禁止だったからかもしれないがライヴは綺麗に並んで大人しく応援、特典会も取り乱すような子は一人もおらず行われる。(傍から見たらやってること衝撃的だけど)ファン同士のギスギス感が感じられない。なんでかなあと考えてみたけど、考察として一つ考え出たのはメンバーがファンに行う接触が平等だからかもしれないなーと。ポーズも自分で選べるし、お話もゆっくりできるから他の子に対する僻みや妬みというものが少ないのだろうかと…。彼女にもべたべたしてる、私にもべたべたしてくれる、別にいっか!って感じなのかなあ。でもあれだけ密接な関係を作られてしまうと同担拒否も出てくるんだろうけど、それを感じさせない若い女性たちの集まりでしたよ。

ちなみに私はファーストインプレッションで白の子を選びましたが、特典会の様子見ているとオレンジの子の心が動かされました。顔は正統派読者モデルみたいな感じだけど*4大人しくて、特典会の対応も誠実で丁寧な言葉づかいと立ち振る舞い。そして若干の闇の雰囲気も感じつつ、笑顔が愛らしくて26歳というところにも好感(笑)次いつ会うことがあるか分からないけど次はオレンジくんに会いに行こうと思いました。…ハマらないよ…!!!

*1:みなさん本当にいつもありがとうございます><

*2:ここから上から目線の話になります。

*3:多分あるんだろうけど

*4:普段は褒め言葉として使いませんがディスっては無いよ