読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waffle

推しを褒めまくるだけのメモです

たまねぎゆれた。

あけおめでございます。

無事に年を越して、気づけば夢の武道館公演も終了し現場が少し落ち着いております。っとこんな下書きして数日経ってしまってもうお正月感覚なんて何もないよね(笑)

武道館、終わったよ…。一年間待ってた武道館が始まってみればあっという間。私自身実感がないまま始まり、実感がないまま終わりました。グッズがものすごい列で行く前から諦めましたが終演後にほしいものはほぼほぼ手に入ったので私は十分でした。ほんとにみなさんお疲れ様だったよね…。ポストカード?が手間取る原因だったのではないかと推測してしまったんだけどスタッフも客も混乱するものは勘弁な…。武道館久しぶりに言ったけど、やっぱりそんな広くないよね。メンバーも言ってたけど、ステージの造りも相まってだろうけど客席との距離が近い気がしました。「武道館」って場所が特別なだけで「客の量」ではそこまで特別な感じはしなかった。感想を一言でいうと「公への披露の場」

正直なことを言うともっともっといろんな曲が聞きたかったし*1もっともっと号泣したかった(笑)私はガイシのライヴが大好きで(DVDでしか見ていません)構成や選曲、サプライズ、どこをとっても何度も見たくなる内容なんだけど、自分自身がちょっとそれをこじられてしまってるところがあるなぁと反省しました。いきなりコントから始まり、和傘の演出で武道館を意識しながらもキラキラ衣装で王子様になったと思ったらゲームで全員大盛り上がり。殺陣の演出では各人の本気のアクションを魅せて、誠ヤン5のチェンジでおふざけして、最後は人目も憚らず男泣きしながらメンバー同士が手を取り合い抱き合う。三時間半の中に「ボイメンってこんなこともあんなことも出来るし、こんな一面もあるんですよ!力のある大人たち!ちゃんと見てる~~??」って感じ。それがいいとか悪いとか言いたいのではなくて私はそんな印象を持ちましたということです。「ファン」へというよりも「たくさんの人へ」発信しているなと。私は基本的に彼らが笑顔ならばそれで満足なことがあるのでメンバーみんなが楽しそうにしている姿を観ることが出来たのは純粋に嬉しかった。ふと我に帰って考えたのは、これはほんとに「通過点」でいつもと変わらない彼らがそこにいたことは確かだったということ。これからの彼らにも期待してます。これだけ「グループ」として魅せてくれたんだから、今年もしっかり「グループ」としての良さを発揮できますように…。これからも応援します。

*1:最新のアルバム曲は全部聞きたかった