読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waffle

推しを褒めまくるだけのメモです

きみをみつけた

座席がある幸せを噛みしめる

この二日間はホストちゃんとリジェフェスを観に行きました。もうほんと居心地の良い空間と座席がある幸せ。リジェフェスは声優さんの朗読に対して応援上映みたいになっていて面白った。「ほら大好きっていえよ…」(客電が付く)客「大好きーー!」「よくできました♪」客「きゃーー!!」みたいな(笑)本当に最近ニ次元がご無沙汰で作品が全然分からなかったけど、知っている声優さんもたくさんいて楽しめました。大河さんと遊佐さんが隣に立つ姿を見ることになるなんで数年前は思ってもみなかった…。そして大河さんのリップ音が国際フォーラムホールAに響くことがあるなんてことも想像できなかった…。人生何があるか分からないよね…。ライブでもかっこいい衣装来て出てきて、何もわからない私でもヲタクの血が騒いで沸いたわ。キラくんを演じて数年たってるし、声の仕事もどんどん増えている彼は声優イベントにも馴染んでいて、そんな姿もマイペースに見守っていきたいなと思いました。どこに居ても大河さんが大好き!

ホストちゃんはサンシャイン劇場で。せっかく池袋に来たしラウンドワンのコラボでもチラ見するかと思い行ってみたもののクソ混んでた。土曜日のラウワンなめちゃだめだ…。コラボルームに行かざるとも予約をしたほうがいいなと学びました。土曜の昼下がり、仲良しグループやアベックの沢山いるラウワンに単体で乗り込んだ私を褒めて。時間もないし単体だしボーリングじゃなくてカラオケにしました。コラボルームちらっと見たけどメンバーのアップの写真をドーンと貼ってある広い部屋だった。機会があればまた後日。

私、サンシャイン劇場は初で、思ったよりこじんまりしているけどいい劇場でした。今回は当日引換券のゴージャスシートで二階席前方端。すごく観やすくてちょろっと行きたかった私には絶好の席。今回ホスモバも使ってないし、ラブが余るなと思ってたんだけど、お隣にいた方にお声かけたら猪野くんのファンのお嬢さんで全部あげてしまった。お隣の方に気軽に声をかけられる舞台の現場っていいね!!*1内容は相変わらずくだらなくて時事問題のパロディーだらけ。なーんにも考えずに見れるので私はすごく好き。女性知事役の手塚理美さんはすごく美しいのにコメディエンヌとして素晴らしかったし、綺麗な女性だなと思った彼女は石橋穂乃香さんでした。七光りでいろいろ大変だろうけどとても綺麗だったし地道に活動していればきっと能力で日の目を見る日が来るさ、と思いました。(上から目線)今回は知らない子がたくさん出てたんだけど、それゆえ全体をよく見れて楽しめたー!!顔だけ見たら分からなくてもパンフで名前を見ると「あー聞いたことあるわ」って子も多かったし、劇団patchから二人出ていたところも興味深かった。関西で頑張ってるし、一人一人も客演で舞台に出るようになってきて注目です。小話になるけどHPのプロフィールが一昔前のプレに酷似していて笑った。*2一人ひとり個性的で人気どころの子、一芸に長けた子がいながらもみんな芝居うまい。ぽっと出の若手役者だけ集めた感じではなくて好感度が上がりました。染ちゃんも知らない間に滑舌も芝居も良くなってた。あれだけいろんなことやらされてるもんね…染ちゃん休んで…。

ホストちゃんの見どころの一つは「誰かがナンバーワンになる」ってところで、相変わらずファンは一喜一憂なんだけど、今回はホスト全員の中から順位が決まり、ナンバーワンが決まるってことではなく、まずフレッシュホストからナンバーワンが決まって、流星(ひでくん)と深雪(染ちゃん)と三つ巴からセンターGUY(真のナンバーワン)になるというもの。流星と深雪の人気を考えたらまあ普通の流れか。流星と深雪はランキングには入らないものの、太客ランキングには反映されるだから二人のファンは太客のみを目指していたんだろうな。毎回「企画」といって「この日に〇〇くんをナンバーワンに」というものがツイッター上で企画されるんだけど、私の行く回はなんと米原のこーちゃん*3ということで!期待高まった。相変わらず三位までが幕の裏に入っていくときは緊張する。結果ナンバーワンはこーちゃんに!!白スーツで大きい羽(宝塚みたいなやつ)を背負って出てきたこーちゃんの笑顔が良かった。幕が下りてこーちゃんが歌いだした瞬間の歓声もすごく良かったし、如何せんこーちゃんの美声が響き渡るサンシャイン劇場最高。それから三つ巴になって流星、深雪、茶々彦(こーちゃん)の中から殺陣中に切られて、最後まで残った人がセンターGUYということでギリギリまでドキドキ。流星、深雪の順で倒れて茶々彦がセンターGUYに。会場の歓声を拍手がすごかった。ホストちゃんはこうでなくっちゃ。こーちゃんの人気を考えると下剋上感は少ないものの、やっぱりこーなるのは面白いし嬉しい。相手役の久々沢さんも「俺4回ぐらい振ってくれれば倒れるから!こっち向かないでいいよ!前向いて!」と役を無視して温かな声掛け(笑)温かな雰囲気でとっても嬉しいナンバーワンレビューになりました。レビューの最後に歌う曲の歌詞が「下積みもあって端役でもそんな俺を見つけてくれた君、ありがとう」というファン冥利に尽きるもんで感動してしまった…。私としてはは君たちみたいな美しい子が世に埋もれず、こうして表舞台に立つことを選んでくれたことに感謝の気持ちでいっぱいだよと…。

ホストちゃんはやはり笑って感動出来て、何よりも役者ヲタの自分を肯定してくれるコンテンツだと思っていて、なんだかんだ言いつつもとても好きです。前回でファイナルと言って悲しんだ想いを返せ…でも帰ってきてくれてありがとう…。ちなみに大阪公演名古屋公演もチケットはあるそうです。ところによってはVIPのチケットもあるそうなので機会があれば是非。おすすめっす。

【追記】女性都知事の裏の顔として「大のアイドル好き」というエピソードが盛り込まれてるんだけど、知事のセリフに「私は男が好き!夢を追ってキラキラ輝いている男の集団が好き!!!」というのがあって共感しかなかった。前回も「ホストが好きで何が悪い!」みたいなセリフもあったし、ホストちゃんのこーゆーところが男性アイドルヲタ、役者ヲタを経てる自分を肯定できる瞬間だなと思っています。この趣味を持って後ろめたい気持ちで生きているのかと言われるとそんな大そうなことは思っていないけど、やっぱりどこがで自分の趣味について否定的になる瞬間はあって。男にバンバン金を使い、幸せを得ることが出来るホストちゃん、私は気持ちが良いんだと思います。実際のホストも一回しか言ったこと無いけど、それは感じられた。男が好きで何が悪い!夢見たって金使ったっていいじゃない。

*1:ぼいめんで私は出来ない

*2:カーソル持っていくと決め顔から変顔になるやつ

*3:米原幸佑くん