waffle

推しを褒めまくるだけのメモです

0306 栄第七学園男組 ライブイベント

小倉トーストって要するにあんぱんだよね。
先日、第七学園イベントに参加してきました。久しぶりに名古屋へ夜行バスで行ったけど、なかなかの快眠で夜行バス史上一番すっきりとした名古屋の朝を迎えられた。ほんと夜行バスで寝れなかったんだけど、昼寝をしないこと、睡眠薬を服用することという条件を付けて臨んだところいけた~。名古屋着いて、前にお友達から教えて貰ったラウンジに行ったんだけど超快適で最高でした。ネカフェ行くより着替えとか化粧とかしやすいし、空気もいいし、安いし。名古屋に行くたびにどんどん快適な過ごし方を学んでいる気がする。嬉しい。
そしてお友達と合流して初コメダのモーニングした…!何十回か名古屋に来てるのにここまでコメダのモーニングしてこなかったのが自分でも驚き。前に日曜に行った時、くそ混んでたから諦めたけどリベンジできた~。スガキヤコメダってどこにでもあるのにどこもまあまあ混んでる。(名古屋あるあるだと思ってる)小倉トーストの美味しさにめっちゃ感動してたんだけど、よく考えるとあんぱんだもんね。それりゃ口に合うわ。でも飲み物代のワンコインで美味しいトースト食べれるってなんかすごく幸せな気持ちになりました。
フォレストホールって初めて行ったんだけど、広くていい会場。「あの特殊陶業市民会館だー!」ってテンションの上る南の女(お友達)と東の女(私)相変わらずぼいめんの会場は「あ!進研ぜみで見たことある!」のテンションでアガります。お昼は着席ライヴだからちびっこも沢山いました。ぼいめんも席のある会場でのライブは親子席作ればいいのにな~。体操のお兄さんたちがステージに出てきてご挨拶。お兄さんモードのつじちゃんが本当にかわいくて大好きなんだけど今回もまじで可愛かった~。辻「じゃあ今日はお友達を呼んでるよ~みんなでお友達を呼んでみよう~!」ってことで呼ぶと、会場後方(だったと思う)から体操メンバー以外のメンバーが登場して会場の通路に。体操メンバーが出てきたときよりも歓声が大きくて、辻「お兄さんたちが出てきたときよりも声が大きいぞ~」と体操メンバーが悲しがってました(笑)会場みんなでボイメン体操してから着席してちょっとMC。勝「平日の昼間ですよ!みなさんありがとうございます。お仕事とか…休んできたのかな??」本「休みを…取ったのかな?」という会話(笑)その後はF&F。まさるが「黙って俺に付いてこい」を「みんな~お兄さんに付いてくるんだぞ~♪」みたいに言っててキュートでした。そしてVoyagerとサワディ、久々に聞けて嬉しかった。Voyagerはせつらのおかげでほんだくんソロがちょっと面白く感じるようになった(笑)その後は第七イベらしくヒーロー部のコーナーがあり、花道ゴージャスとこうつうあんぜんのうた。いつになったらヤン5のアルティメイトが聴けるのか…ヤンライかな…。その次がヤングマンだったけど煽りがゆうひちゃんつじちゃんで辻「俺とゆうぴんと~」勇「普段ゆうぴんなんて呼ばないじゃん!」っていう会話が微笑ましかった。ゆうひちゃんもつじちゃんもあんなに顔がかっこいいのにいざ口を開くと可愛い~!!ってなってしまう。最後はチャンフォーでほんだくんを見失い(笑)特典会も楽しく終了。お昼のライヴは着席最高~って感じ。約一時間だったけど、視界も良好、環境も良く大満足。
夜の部は前説が演芸部!酒井くんも登場してとても楽しかったです。さすがラジオイベだ!夜もまさかのぼいめん体操からだったけど、ぼいめん体操は可愛くて何度見ても好き。ウィンタージョイ、Voyagerときて前のめりマイノリティ~前のめるほんだくんが可愛い。一番支えやすいのか…曲中、何かキャラクター的な立ち位置が多いほんだくん、いつも可愛い。
そして夜のコーナーはセクシーワード選手権でした。つっちーが学ランの上を半分脱ぎながら「秋ジャケ…」他のメンバーが「ジャケットな!」「いいですねえ!」と好評で愛しみ。つっちーさすがお笑い芸人さんだわ。ゆうひちゃんの何かを愛でながら「ふな…」が優勝でしたがそのあとにほんだくんの「か…ん…ぱち…(だったっけ?)」という微妙なものもありつつ、合唱部が次の準備に抜けたところで、つっちー以外の誠が準備に出ててしまい、つっちーだけ合唱部に入れない!脱退…?といじられつつ、たむちゃんがヒラメをしてくれつつ(笑)その後ここでの大フィーバーはブルクレでした。無茶ぶりに答えてまさるが挑戦。お題は「子持ちしゃも」勝「ちょ、手伝って」とつじちゃんを呼び、おもむろにつじちゃんのインナーを捲り頬を寄せた瞬間のブルクレ民の歓声が(笑)会場全体がぎゃーーーーってなる感じじゃなくて、まあまあな人数がひゃーー!となる感じ。あの声の主たちはきっとブルクレ民だ(笑)つじちゃんの腹筋の頬を寄せながら「…子持ちししゃも」辻「俺の子供なの!?」ちょっとよく分からなかったけど、画が最高に眼福だったのでグッジョブ。さすがまさるさんエンターティナー。その後も勝「…コラーゲン」と言わされて照れて袖まで走って行っちゃうの可愛すぎる。ゆうひちゃんは連れてくる様子も可愛すぎる。TVでまさるをご覧になってるみなさーん!あの人かっこいいだけじゃないんですよ!キュートなんですー!!好きでしょー??合唱部がチキンと第七学園を披露してくれてさすがラジオイベ!(二回目)ヤングマン、世侍塾GO、ヤマトでひとしきり盛り上がりました。10人ぎゅと集まった姿見るとほんとかっこいいなと改めて思いました。オーラというか放ってるパワーがすごい。(語彙の欠如)そのあとに重大発表ということでつっちーの雑魚卒業(レギュラーメンバーとしてラジオに出れる)ことと、4月からCBCで北野まことさんとラジオが始まることが発表されました~!!!祝!!!まさるダンボールで作った賞状を手渡し、みんなでお祝い。辻「もう雑魚にもどってくるんじゃねーぞ!」って言葉が沁みた。つじつち同級生コンビなんだかんだ良い関係だよね。一通りお祝いが終わるとセンター居たつっちーが定位置に戻ったんだけどそんなつっちーがすごく好きだと思った。このときはずっとセンターに居ればいいのにやっぱり控えめ。良さ。
ぼいめんの好きなところって一人一人に「やってみたい仕事」「合う仕事」がしっかり各メンバーに行き届いている気がしていて、そこが本当に大好き。そんな素敵な仕事が舞い込んでくるもの彼らの努力、スタッフさんの努力あっての事なんだろうけど、ほんとそこがめっちゃ好きだし嬉しい。この流れでという最高なセトリで泣いた。最後はチャンフォーで楽しく終わりました!挨拶の時はほんだくんの位置(まさると隣でセンター)に連れてきて最後まで挨拶。とても温かいCBCラジオイベらしい内容でした。今回も一日休み取って名古屋まで来てよかった。
続きは自分用特典会メモ。

遠くから君を見つめる

日本地図とにらめっこし始めた。
全国ツアーが始まりましたがまだ2県だけ。どうにかチケットを増やせないかと思いながら日本地図とにらめっこし始めたんだけど、他の予定や口座と相談すると4月に残る1県と大阪名古屋のみで私のツアーは終わりそうです。
最初発表されたときに推しと予定が合わなすぎて震えましたが、ツアーだからこその組み合わせや他のメンバーをゆっくり見る機会になっていて新鮮で楽しい。ライブハウス嫌いだけど、自分で好きな場所を選べるのは良いなあと思うようになってきた。今のところメンバーもファンもツアーを楽しんでいるようだし何より。またとんちきなことになったなあと思ってたけど、今のところ結果オーライだぜせいぢ。
先日はライブ前に研究生現場も回せて、1日で研究生、一期生も見れるという贅沢っぷり。ここは…名古屋なのか…?*1私たちのどどんこリリイベはいまだに続いていて今月にも関東でイベあるけどまたどどんこだもんな。買うから他の物も買わせて~じわじわと積み上がるどどんこを見て何とも言えない気持ちになってるよ。今回の現場では久しぶりにチラシ配りも見れたんだけど、チラシ配りしてる様子みて楽しめるのってぼいめんファンだけじゃない?ほんと皆さんに見てほしい。チラシを配るという行動だけで個性や性格が出て凄く面白いんだ。遠目から見ていて推しを見失ったり違う子と間違えて目で追ってたり、運動会に来たお母さん気分が味わえるぞ。ここで味わっとけばもういいかな。人生経験の一部としてもう「運動会のお母さん」は経験済みっと。
 

*1:豊洲と新横

栄第七学園合唱部第一回定期演奏会&ボイメンワールド

合唱部とボイワの特典会メモ。コント会からの合唱部という二日間でとても贅沢。ボイワが始まった当初は「平日の夜に名古屋なんか無理だろ!」と思ってたけど、とても運が良いようで行けるもんです(笑) 続きを読む

推しと結婚

推しと結婚したいって話じゃないよ
推しに対しての気持ちってなんなのだろうと考えると少し前までは「恋心」だって答えていました。だって彼のことが好きなんだもんこれって「恋」ってやつでしょ!!って感じ。まあマジで恋愛経験がド少ない私はいまだに「恋」というものなんだか良くわからないのですが、推しに対する感情を表せる語彙力が無いので今もざっくり「恋」だと言っています。でもガチ恋なのかといわれるとそうではない。彼のことがは好きだけど、どうにかして彼とお近づきになってあわよくばお付き合いしたいという感情は無い。私自身どんな「男」に対して「見る」という行動が一番しっくりきていて男に対しても最大の欲求は「見たい」ってことです。なので一般人でも役者でもアイドルでも男は「見たい」のであって「近づきたい」「付き合いたい」「せっくすしたい」という感覚はないに等しい。傍から見たらどうかわかりませんが、距離感を保って推しを見ているとは思っています。
そんな感じでリア恋じゃないという結論に落ち着くんだけども、私もしかしたらリア恋なんじゃねーの?と思う感情があって、それは「男に見え隠れする女の影が嫌い」ってことです。推しでなくてもカノバレは萎えるし、結婚発表もずーんと重い気持ちになります。*1彼女の存在に関しては多くの人が隠そうという努力は見えますが、結婚という契約を結んだとたん、これ見よがしにSNSにツーショットを載せたりする人たち。私はあれが苦手。心が抉られる。最近元アイドルと役者の夫婦のツーショットを見て、「もう…もうやめて…」と思っています。お二人のことは別になんとも思っておりませんし役者は推しでもないです。お似合いのご夫婦だと思いますが、なんか見ていてしんどくなる。お付き合いしても結婚してもいいからその発表は一回でいいし、そのあとの生活は表に出さず、何卒慎ましやかに生活を営んでくださいとおもってしまいます。キラキラ女子たちが「幸せのおすそ分けありがとう!」「理想の夫婦!」とか眩しいテンプレワードをインスタに投稿している隅でうめき声をあげているヲタクもいるんだ。お二人の場合はもうそんな感情を抱くファンがいないとか思ってるのかもしれないけれど、そんなこともない気がするんだよなあ…。前に推しがカノバレ風なことをした時「私は彼と彼女の生活を支えているんだ!すごい懐の大きさ!」*2とか思いながら強く生きたいと思ってたけど、元の愛情も薄かったせいかすぐに推さなくなりました。カノバレの場合って女から漏れることが多い気がして、そうなると匂わせをするような、そんな馬鹿な女を選ぶ男なんだなと思うし、男自身の自覚がなさすぎことにも萎えるんだけどね。
私は推しの幸せを願っているしそれがお付き合いや結婚なのだとしたらそれはそれでいいんだけどそっと愛を育んでほしい。そのためか「女関係でへまをしなさそうな男」を嗅ぎ分けて好きになる傾向があります。頭の悪い男じゃないなって人。基本夢見ていたいんですよ、近い関係じゃないから普通にしていれば悪いところは見えにくいし、なんってったって好きなんだもん彼のことが。好きな男に彼女の居たら落ち込むでしょ、単純にその感情だと思っています。

*1:しないで後からバレるのもめっちゃ嫌だけど

*2:プレゼント横流しとかあったやつ

0204 ALTERBOYS 2017 TEAM GOLD

グループからの脱退を考える

重い言葉から始まりましたが大した話じゃない。先日はてブの中にある「若手俳優」というグループに加入したのですが、基本的にぼいめん関連のメモ書きに使っているここで「若手俳優」のグループに入っていていいのかと不安にあり、脱退を考えてるということです。大河さんの事や観劇についても書く予定ですが、割合からいうとぼいめんになりそうなので。グループからご覧になっている方が居たらジャンル違いなブログで申し訳ない…。

そんなこと言いつつお芝居の話を…。先日はALTERBOYS2017を二公演観劇してきました。作品自体は2010年から上演されているブロードウェイミュージカル。私も今までの公演すべて足すと両手ぐらいは観に行ってるかもしれない。作品自体が非常に好きで今回の公演も楽しみにしていました。内容は以前と変わらず、でもダンスが変わっていました。相変わらず見応え十分の舞台…もといショータイム。

マシューとマークは前回から続投。アブラハム、ルーク、フアンは新顔でした。全体的に若くてフレッシュ感がすごい。最年少は新太くんの17歳。トークショーでも言ってたけど一番しっかり者だということです。ほんとそれこそ10歳くらいからの幼いイメージがあったから今回ほんとお兄さんになってて驚いた~。歌もダンスも安定感があってやんちゃなルークにばっちり合ってました。フアンちゃんは松浦司さん、GOLD最年長ということでしたが愛くるしい見た目と声。私の好きな雰囲気。ドラクエのステージからポッと出てきたのかと思いきや、テーマパークでも大活躍していたダンサーさんということでくるくる回る回る。今回彼目当てのファンも多い印象。結構ベテランなんだなあ…失礼いたしました。そして私のお気に入りはアブラハム役の常川藍里くん。お名前はどこかで見たことあったけど、姿は初。いや~王子様だ~!!!高音で美しい帝劇声*1と見目麗しいビジュアルに目を奪われました。こんなにルックスに恵まれている子がミュージカル俳優を目指してくれるなんてありがたや…ジーザス!!!パンフレットを見てみると洗足のミュージカルコース主席卒業。あ~経歴が感じた雰囲気そのまんまだ~って思った。本当に声が美しくて超高音。可憐な雰囲気も相まってどこかの国の儚げな王子様そのものでした。でも彼自身ちょっと変わってる&天然のようでトークショーでは誰よりもふわふわしていました。可愛い。そんなところも浮世離れしている王子様っぽくていいね~いいよ~!!

そんなチームGOLDですが、一人一人のポテンシャルはとっても高いし、チームの雰囲気が良くて可愛らしかったです。

*1:という括りが私の中にあります

0129 威風堂々~BMCA~コント特典会

どうも新米女芸人です。

楽しみにしていたコント会へ参加しました。どうなることかと思ってましたが結果とってもいい思い出になりました。普段あまり変化球の衣装でツーショが取れないのですごく嬉しかった。ご友人も沢山いて朝から晩までみんなでワイワイと楽しい時間が過ごせたのも本当に幸せでした。一年前一人で右も左も分からない現場に参加し始めて今は嬉しさ楽しさ推しの素晴らしさを共有できる幸せ!ありがたや~。

続きを読む

きみをみつけた

座席がある幸せを噛みしめる

この二日間はホストちゃんとリジェフェスを観に行きました。もうほんと居心地の良い空間と座席がある幸せ。リジェフェスは声優さんの朗読に対して応援上映みたいになっていて面白った。「ほら大好きっていえよ…」(客電が付く)客「大好きーー!」「よくできました♪」客「きゃーー!!」みたいな(笑)本当に最近ニ次元がご無沙汰で作品が全然分からなかったけど、知っている声優さんもたくさんいて楽しめました。大河さんと遊佐さんが隣に立つ姿を見ることになるなんで数年前は思ってもみなかった…。そして大河さんのリップ音が国際フォーラムホールAに響くことがあるなんてことも想像できなかった…。人生何があるか分からないよね…。ライブでもかっこいい衣装来て出てきて、何もわからない私でもヲタクの血が騒いで沸いたわ。キラくんを演じて数年たってるし、声の仕事もどんどん増えている彼は声優イベントにも馴染んでいて、そんな姿もマイペースに見守っていきたいなと思いました。どこに居ても大河さんが大好き!

ホストちゃんはサンシャイン劇場で。せっかく池袋に来たしラウンドワンのコラボでもチラ見するかと思い行ってみたもののクソ混んでた。土曜日のラウワンなめちゃだめだ…。コラボルームに行かざるとも予約をしたほうがいいなと学びました。土曜の昼下がり、仲良しグループやアベックの沢山いるラウワンに単体で乗り込んだ私を褒めて。時間もないし単体だしボーリングじゃなくてカラオケにしました。コラボルームちらっと見たけどメンバーのアップの写真をドーンと貼ってある広い部屋だった。機会があればまた後日。

私、サンシャイン劇場は初で、思ったよりこじんまりしているけどいい劇場でした。今回は当日引換券のゴージャスシートで二階席前方端。すごく観やすくてちょろっと行きたかった私には絶好の席。今回ホスモバも使ってないし、ラブが余るなと思ってたんだけど、お隣にいた方にお声かけたら猪野くんのファンのお嬢さんで全部あげてしまった。お隣の方に気軽に声をかけられる舞台の現場っていいね!!*1内容は相変わらずくだらなくて時事問題のパロディーだらけ。なーんにも考えずに見れるので私はすごく好き。女性知事役の手塚理美さんはすごく美しいのにコメディエンヌとして素晴らしかったし、綺麗な女性だなと思った彼女は石橋穂乃香さんでした。七光りでいろいろ大変だろうけどとても綺麗だったし地道に活動していればきっと能力で日の目を見る日が来るさ、と思いました。(上から目線)今回は知らない子がたくさん出てたんだけど、それゆえ全体をよく見れて楽しめたー!!顔だけ見たら分からなくてもパンフで名前を見ると「あー聞いたことあるわ」って子も多かったし、劇団patchから二人出ていたところも興味深かった。関西で頑張ってるし、一人一人も客演で舞台に出るようになってきて注目です。小話になるけどHPのプロフィールが一昔前のプレに酷似していて笑った。*2一人ひとり個性的で人気どころの子、一芸に長けた子がいながらもみんな芝居うまい。ぽっと出の若手役者だけ集めた感じではなくて好感度が上がりました。染ちゃんも知らない間に滑舌も芝居も良くなってた。あれだけいろんなことやらされてるもんね…染ちゃん休んで…。

ホストちゃんの見どころの一つは「誰かがナンバーワンになる」ってところで、相変わらずファンは一喜一憂なんだけど、今回はホスト全員の中から順位が決まり、ナンバーワンが決まるってことではなく、まずフレッシュホストからナンバーワンが決まって、流星(ひでくん)と深雪(染ちゃん)と三つ巴からセンターGUY(真のナンバーワン)になるというもの。流星と深雪の人気を考えたらまあ普通の流れか。流星と深雪はランキングには入らないものの、太客ランキングには反映されるだから二人のファンは太客のみを目指していたんだろうな。毎回「企画」といって「この日に〇〇くんをナンバーワンに」というものがツイッター上で企画されるんだけど、私の行く回はなんと米原のこーちゃん*3ということで!期待高まった。相変わらず三位までが幕の裏に入っていくときは緊張する。結果ナンバーワンはこーちゃんに!!白スーツで大きい羽(宝塚みたいなやつ)を背負って出てきたこーちゃんの笑顔が良かった。幕が下りてこーちゃんが歌いだした瞬間の歓声もすごく良かったし、如何せんこーちゃんの美声が響き渡るサンシャイン劇場最高。それから三つ巴になって流星、深雪、茶々彦(こーちゃん)の中から殺陣中に切られて、最後まで残った人がセンターGUYということでギリギリまでドキドキ。流星、深雪の順で倒れて茶々彦がセンターGUYに。会場の歓声を拍手がすごかった。ホストちゃんはこうでなくっちゃ。こーちゃんの人気を考えると下剋上感は少ないものの、やっぱりこーなるのは面白いし嬉しい。相手役の久々沢さんも「俺4回ぐらい振ってくれれば倒れるから!こっち向かないでいいよ!前向いて!」と役を無視して温かな声掛け(笑)温かな雰囲気でとっても嬉しいナンバーワンレビューになりました。レビューの最後に歌う曲の歌詞が「下積みもあって端役でもそんな俺を見つけてくれた君、ありがとう」というファン冥利に尽きるもんで感動してしまった…。私としてはは君たちみたいな美しい子が世に埋もれず、こうして表舞台に立つことを選んでくれたことに感謝の気持ちでいっぱいだよと…。

ホストちゃんはやはり笑って感動出来て、何よりも役者ヲタの自分を肯定してくれるコンテンツだと思っていて、なんだかんだ言いつつもとても好きです。前回でファイナルと言って悲しんだ想いを返せ…でも帰ってきてくれてありがとう…。ちなみに大阪公演名古屋公演もチケットはあるそうです。ところによってはVIPのチケットもあるそうなので機会があれば是非。おすすめっす。

【追記】女性都知事の裏の顔として「大のアイドル好き」というエピソードが盛り込まれてるんだけど、知事のセリフに「私は男が好き!夢を追ってキラキラ輝いている男の集団が好き!!!」というのがあって共感しかなかった。前回も「ホストが好きで何が悪い!」みたいなセリフもあったし、ホストちゃんのこーゆーところが男性アイドルヲタ、役者ヲタを経てる自分を肯定できる瞬間だなと思っています。この趣味を持って後ろめたい気持ちで生きているのかと言われるとそんな大そうなことは思っていないけど、やっぱりどこがで自分の趣味について否定的になる瞬間はあって。男にバンバン金を使い、幸せを得ることが出来るホストちゃん、私は気持ちが良いんだと思います。実際のホストも一回しか言ったこと無いけど、それは感じられた。男が好きで何が悪い!夢見たって金使ったっていいじゃない。

*1:ぼいめんで私は出来ない

*2:カーソル持っていくと決め顔から変顔になるやつ

*3:米原幸佑くん